IE8正式版が間もなく公開 - 日本時間の20日午前1時に提供開始

 

Microsoftは米国時間の18日、Webブラウザ「Windows Internet Explorer 8」(IE8) を正式公開すると発表した。公開日時は米国東部夏時間の19日正午 (日本時間の20日午前1時)、日本語を含む25種の言語に対応したインストーラがIE8の公式Webサイトから無償ダウンロードできる。

まもなく正式公開される「Windows Internet Explorer 8」 (画面はβ版)

IE8は、高速性と利便性、安全性を重視する姿勢のもと開発されたWebブラウザ。選択した文字列に対応したWebサービスを呼び出す「アクセラレータ」、Webサイトの一部を切り出してブックマークに登録する「Web Slice(Webスライス)」といった利便性を向上させる新機能のほか、ローカルに蓄えたデータベースとHTTPヘッダの情報を分析して危険なWebサイト / ファイルを警告する「SmartScreen(スマートスクリーン)フィルター」など、セキュリティを強化する新機能が用意されている。

IE8の動作環境は、Windows Vista / XP、Windows Server 2003 / 2008。各システムの64bit版も用意される。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

松本人志、「胃袋は宇宙!」と大食いを豪語する宮迫博之に悪ノリ!?
[16:00 9/28] エンタメ
「受験うつ」の"サイン"、わかりますか?
[15:59 9/28] ヘルスケア
女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ