仲村トオル「中間管理職は大変」リコール隠しを描くドラマ『空飛ぶタイヤ』

 

3月29日からWOWOWでスタートする連続ドラマW『空飛ぶタイヤ』(毎週日曜 22:00~23:30 全5話)の完成披露試写会が17日、東京・恵比寿で行われ、主演の仲村トオル、田辺誠一、水野美紀、萩原聖人、國村隼が出席した。

完成披露試写会に出席した水野美紀(左から)、萩原聖人、仲村トオル、田辺誠一、國村隼

『パンドラ』、『プリズナー』に続く連続ドラマWの第3弾は、自動車メーカーによるリコール隠しというリアルな現代社会の闇を描いた社会派ドラマ。池井戸潤の同名小説(実業之日本社刊)を原作に、トラックのタイヤ脱輪による死傷事故をめぐって、責任を押し付けられた赤松運送会社の社長、赤松徳郎(仲村トオル)が、ひたすらリコールを隠し続ける自動車メーカーと対峙しながら真相に迫っていく。

「赤松は話を追うごとに、追い詰められて行きますが、4話のラストで逆転ホームラン的な切り札を発見し、彼ら(リコール隠しを続けるホープ自動車)に突きつけます。そのシーンで拍手喝采して欲しいですね」と仲村

「どの登場人物にも感情移入して見ることができるドラマ。その上でトータルに何かを感じて頂ける作りになっていると思います」と語る田辺誠一は、リコールを隠し続けるホープ自動車のカスタマー戦略課長、沢田悠太を演じる

主演の仲村は、ほとんどのシーンで罵倒しているという田辺誠一に向かって「客観的にみて、中間管理職は大変だな~と思いました」とねぎらいながらも「昨日、1話を初めて見たんですけど、事故のニュースが流れている中、沢田がお酒を飲みながらプラモデルを作っているシーンを見て、同情したのに裏切られた気分で、だいぶお酒を飲みました(笑)」と赤松に感情移入した様子。また、ドラマの内容にちなんで、今だから謝れることを告白した出演陣。水野美紀は「カリパクですね、借りたまま返さない(笑)。あとは子供の頃、落とし穴をよく掘っていたので、そこに落ちた方にこの場をお借りして謝りたいです」と話し、周囲を笑わせていた。

リコールを隠し続けるホープ自動車のメインバンク、ホープ銀行に勤める井崎一亮役の萩原聖人。「内容は骨太で社会派な奮闘劇。井崎の活躍にも期待して下さい」

「仲村さん演じられた赤松徳郎は、現代のリアルなヒーロー。是非沢山の方に観て頂きたいと思います」と語る水野美紀は、タイヤ脱輪事故の真相を追う週刊誌の記者、榎本貴和子を演じる

連続ドラマW『空飛ぶタイヤ』は、WOWOWにて3月29日(22:00~23:30)から放送する。全5話。第1話は無料放送

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン

本音ランキング