IBM、企業用バックアップソフトの新版を発表 - スループットを最大50%改善

日本IBMは2月12日、企業向けのバックップソフト「IBM Tivoli Storage Manager V.6.1」およびその拡張製品である「IBM Tivoli Storage Manager V.6.1Extended Edition」を発表した。

「IBM Tivoli Storage Manager V.6.1」は、バックアップ情報管理データベースにDB2のテクノロジーを採用し、内部データベース容量を従来製品に比べ2倍に拡張。さらに、バックアップとリストアを合わせたスループットも最大50%向上したという。

また、拡張版で大規模構成向けの「IBM Tivoli Storage Manager V.6.1Extended Edition」では、「データ重複排除機能」により、バックアップ・データ中の冗長ファイルやファイル内の重複データを削除して保存するため、ストレージ容量を旧バージョンと比較して最大40%抑えることができるという。

1年間のライセンス価格は、「IBM Tivoli Storage Manager V6.1」が7万8,200円から、「IBM Tivoli Storage Manager V6.1 Extended Edition」は、14万500円から(いずれも税抜、100VU単位の場合で1年間のバージョンアップ・保守料金を含む)となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事