1.9の歴史が始まります - ついにRuby 1.9系が安定版

Ruby - A Programmer's Best Friend

2007年12月25日(米国時間)、メジャーバージョンアップとなるRuby 1.9.0が公開された。1.9.0リリースから1年と1ヵ月、ついに1.9系初の安定版リリースとなるRuby 1.9.1が公開された。Rubyはオブジェクト指向のスクリプト言語。文字列処理機能が優れているほか、クロージャ、イテレータ、ガベージコレクタ、例外処理、演算子オーバーロードなどの機能が実現されている。公開された配布物は次のとおり。

Ruby 1.9は1.8系と比較して実行速度が大幅に改善された。登場が待ち望まれていたバージョンだが、1.9.0は開発版という形でのリリースとなった。1.9.1が安定版としてリリースされたことで、今後は1.9系がメインのプラットフォームとしてサポートされることになる。1.8.6や1.8.7など1.8系もしばらくはメンテナンスが継続されるようだが、1.9.1の登場を機に移行を計画した方がいいだろう。なお1.8系と1.9系は若干互換性が失われているため、移行するにはソースコードの修正が必要になる場合もある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事