"ドロンジョ"深田恭子「すごく愛しています」 - 胸開きレザー衣装を公開!

 

3月7日公開の映画『ヤッターマン』で、深田恭子らが演じる「ドロンボー一味」のコスチューム姿が13日、初公開された。衣装はすべて本皮で作られ、総製作費は約5,000万円に上るという。

セクシーなコスチュームを公開した深田恭子

一味のボス・ドロンジョを演じる深田は「この衣装が出来上がるまで、顔の型をとったり、何度も衣装合わせを繰り返し改良していってようやくこの形になったので、一緒に作り上げていったという気持ちです。この衣装をすごく愛しています!」と気に入っている様子。深田自身も細部にわたってデザインのアイデアを出したという。

また、ボヤッキー役の生瀬勝久は「この衣装になるとボヤッキーにスッと気持ちが入っていったので、恥ずかしいという気持ちはあまりありませんでしたね」、トンズラー役のケンドーコバヤシは「この衣装のマスク制作のために全身の型をとられてしんどかったです。ここまでやるともうこの衣装含めて自分の私服に近い感じで(笑)、サラッとはおって撮影現場近くのコンビニにも行ったりしていましたよ」とそれぞれが振り返った。

左から、トンズラー(ケンドーコバヤシ)、ドロンジョ(深田)、ボヤッキー(生瀬)

『ヤッターマン』は、1977年より2年間放送された人気アニメ。正義の味方、ヤッターマンが、悪の一味、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーの3人組を相手に"ドクロストーン"をめぐって、戦いを繰り広げるというコメディーだ。公開される実写映画では、ヤッターマン1号を嵐の櫻井翔が、2号を福田沙紀が演じる。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電
キヤノン、24-105mm・F4通しのLレンズを11年ぶりにリニューアル
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電

本音ランキング