2008年ブラウザシェア推移 - IE 8%減、Fx 4.5%増、Safari 2.3%増

Market share by Net Applications

Net Applicationsの報告によると2008年12月におけるWebブラウザのシェアは次のようになった。Firefoxのシェアは2008年11月にはじめて20%台に入ったが、その後もシェアを伸ばし12月には21%を超えた。Safariも急激にシェアを伸ばしているほか、Chromeも順調にシェアを伸ばしている。Operaは先月と同じシェアを維持した。

  • 68.15% - IE ↓(IE7 46.77%↓, IE6 20.46%↓, IE8 0.82%↑)
  • 21.34% - Firefox↑(Firefox3 17.18%↑, Firefox2 3.77%↓)
  • 7.93% - Safari↑
  • 1.04% - Chrome↑
  • 0.71% - Opera

IEはシェアの下落が止まらない。ここ数カ月の間はIE7がシェアを伸ばしかわりにIE6のシェアが減るという傾向があり、合算するとIE全体ではシェアが下落していた。2008年12月はこれまで純増を続けていたIE7もシェアを落としている。IEの中では低いシェアになるが、現在開発が進められているIE8のシェアが伸びているところは注目点だ。IE8のシェアはすでにOperaのシェアを超えている。

Net Applications - 2008年12月ブラウザシェア

Net Applicationsの報告するデータによれば2007年12月から2008年12月までの1年間でブラウザのシェアは次のように変化したことになる。括弧内は元々のシェアに対する変化割合。

  • IE 7.89%↓ (10.37%の減少)
  • Firefox 4.54%↑(27.02%の増加)
  • Safari 2.34%↑(41.86%の増加)
  • Chrome 1.04%↑
  • Opera 0.07%↑(10%の増加)

主要ブラウザではIEがシェアを落とし、ほかのブラウザはシェアを増やした結果になった。元々のシェアに対する変化割合を見るとSafariが42%弱とほぼ1.5倍ほど自身のシェアを伸ばしたことがわかる。Operaは年間を通じて増加傾向にあるが、全体からみたシェアは0.70%前後であまり変化なく推移している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事