Win互換レイヤー最新版「Wine 1.1.12」 - 64bitバイナリが実行可能に

 

Wine HQは2日 (米国時間)、オープンソースのWindows API互換レイヤー「Wine 1.1.12」をリリースした。LinuxやFreeBSDなど各種PC-UNIXディストリビューションに対応したバイナリパッケージは、同プロジェクトのWebサイト経由で入手可能。

今回のリリースでは、64ビットWindowsアプリケーションを部分的にサポート。2007年12月には、短いメッセージを表示するだけの64ビットアプリを実行できたことがWineプロジェクトのメーリングリストを通じて報告されていたが、Wineのリリースとしては初の対応となる。なお、64ビットアプリを実行する場合、Wineのソースコードを64ビット版としてコンパイルする必要がある。

人気記事

一覧

新着記事

樋口大輔の新連載「ホイッスル!W」開幕!2人の主人公が紡ぐ新たなサッカー伝説
[01:20 9/26] ホビー
「orange」アニメ映画化!高野苺の描き下ろし盛り込み、“物語のその後”描く
[01:00 9/26] ホビー
[orange]劇場版アニメが11月18日に公開 原作者の描き下ろしエピソードも
[01:00 9/26] ホビー
空知英秋「銀魂」テレビアニメ新シリーズの放送が決定
[00:00 9/26] ホビー
[都丸紗也華]モンストCMの美女が大胆ビキニ 「ヤンマガ」グラビアで写真集の秘蔵カット公開
[00:00 9/26] エンタメ