Win互換レイヤー最新版「Wine 1.1.12」 - 64bitバイナリが実行可能に

 

Wine HQは2日 (米国時間)、オープンソースのWindows API互換レイヤー「Wine 1.1.12」をリリースした。LinuxやFreeBSDなど各種PC-UNIXディストリビューションに対応したバイナリパッケージは、同プロジェクトのWebサイト経由で入手可能。

今回のリリースでは、64ビットWindowsアプリケーションを部分的にサポート。2007年12月には、短いメッセージを表示するだけの64ビットアプリを実行できたことがWineプロジェクトのメーリングリストを通じて報告されていたが、Wineのリリースとしては初の対応となる。なお、64ビットアプリを実行する場合、Wineのソースコードを64ビット版としてコンパイルする必要がある。

人気記事

一覧

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー