NTTグループ、ケータイのカメラで電話料金を支払えるサービス開始

 

イーバンク銀行は8日より、NTT東日本、NTT西日本、およびNTTコミュニケーションズに、携帯電話のカメラ機能を利用して支払いができるサービス「写してペイ」の提供を開始した。NTTグループによる同サービスの導入は、電気料金の支払いとしてすでに採用している九州電力に続くものだという。

「写してペイ」サービスの利用の流れ

「写してペイ」は、公共料金などの請求書に印刷されたバーコードを、携帯電話のカメラで撮影することで、24時間いつでも簡単に支払いができるというサービス。専用のiアプリを携帯電話にダウンロードし、請求書などに印刷されているバーコードを携帯電話のカメラで読み取ると、イーバンク口座から料金の支払いが行われるという仕組み。

同社広報では、「わざわざ金融機関やコンビニエンスストアへ行かなくても手元で支払いを済ませることができるため、利用者の利便性が向上する」と同サービスのメリットを話す。「写してペイ」の活躍分野はこれから広がるとみられるが、現時点では今後の展開は未定だという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電