九十九電機が営業一時中断へ、店舗も閉鎖中

 

11月21日、九十九電機が営業を一時中断していることが判明した。東京・秋葉原の各店舗も急遽閉鎖中であることが確認されており、店内の在庫商品を運び出すトラックの列で、秋葉原の街は異様な雰囲気に包まれている。同社は10月30日に民事再生法の適用を申請していた。

自作パーツでは秋葉原でも最大級の品揃えを誇ったTSUKUMO eX.の様子。店内からは商品が詰め込まれたと見られるダンボールが次々と運び出されていた

九十九電機では、店舗並びに倉庫内の商品を担保(集合動産譲渡担保)に、NECリースから融資を受けていたところ、「11月21日、NECリースから弊社に対し、当該担保権を実行する旨の通知が届き、裁判所から仮処分決定を受けた」とのことで、担保回収によって同社は営業を一時中断せざるを得ない状況におちいっている。

各店頭に貼られた営業一時中断のお知らせ

ファンによるものか、「がんばれ、つくも!」の書き込みも

同社は現在、早期の営業再開を目指し、NECリースを相手方として、東京地方裁判所に対し担保権実行手続中止命令の申立てを行っている最中だという。同社の発表によれば、店舗、営業法人、ネットショップ、サポートの休業期間は11月21日から11月25日までの予定とされている。

ツクモパソコン本店でもシャッターが……

翌日からの"在庫一掃"セールのポスター。もちろん中止だろう

人気記事

一覧

新着記事