Samsung、256GB 2.5インチSSDの量産を開始

 

Samsung Electronicsは11月19日、マルチレベルセル(MLC)ベースの256GB 2.5インチSSDの量産開始を発表した。

インターフェイスにSATA2を採用しており、最大転送速度は連続読み込み220MB/秒、連続書き込み200MB/秒。Samsungの64GBまたは128GB SSD製品に比べて倍以上の性能レートであると共に、これまで20-70%だったSSDの読み込みと書き込みの性能ギャップが10%程度に縮められた。アクティブ時の消費電力は1.1W。厚みは9.5ミリで、重さは128GB SSDと同じ81グラム。

「これまでもSSDはパフォーマンスを売り文句としてきたが、Samsungは本当に業界をひっくり返すようなパフォーマンスのSSDを投入する」とSamsung SemiconductorバイスプレジデントのJim Elliott氏。「この256GB SSDをノートPCに搭載するのは15,000rpmのドライブを導入するも同然であり、しかもサイズ、ノイズ、消費電力、熱などの問題とは無縁である」とアピールする。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン