Samsung、256GB 2.5インチSSDの量産を開始

 

Samsung Electronicsは11月19日、マルチレベルセル(MLC)ベースの256GB 2.5インチSSDの量産開始を発表した。

インターフェイスにSATA2を採用しており、最大転送速度は連続読み込み220MB/秒、連続書き込み200MB/秒。Samsungの64GBまたは128GB SSD製品に比べて倍以上の性能レートであると共に、これまで20-70%だったSSDの読み込みと書き込みの性能ギャップが10%程度に縮められた。アクティブ時の消費電力は1.1W。厚みは9.5ミリで、重さは128GB SSDと同じ81グラム。

「これまでもSSDはパフォーマンスを売り文句としてきたが、Samsungは本当に業界をひっくり返すようなパフォーマンスのSSDを投入する」とSamsung SemiconductorバイスプレジデントのJim Elliott氏。「この256GB SSDをノートPCに搭載するのは15,000rpmのドライブを導入するも同然であり、しかもサイズ、ノイズ、消費電力、熱などの問題とは無縁である」とアピールする。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー