Apple、「Safari 3.2」をリリース - セキュリティ対策がメイン

 

セキュリティ対策が中心の「Safari 3.2」

Appleは13日 (米国時間)、Webブラウザ「Safari 3.2」をリリースした。動作環境はMac OS X Tiger (10.4.11以降) とLeopard (10.5.5以降)、およびWindows XP / Vista。同社Webサイトでは、プラットフォーム別に3種のバイナリパッケージが公開されているほか、ソフトウェアアップデート経由での配布も開始されている。

*Safari 3.2 for Leopard

*Safari 3.2 for Tiger

*Safari 3.2 for Windows

Safari 3.2は、安全性対策が中心のセキュリティリリースという位置付け。最新のセキュリティアップデートを収録、libxsltやlibTiffなどオープンソースのライブラリやWebKitに確認された脆弱性を含む総数11件 (うちMac OS X版は4件、Windows版は11件) の修正が行われている。フィッシング詐欺サイト対策関連の修正も含まれていることから、AppleはすべてのSafariユーザに対し早急なアップデートを呼び掛けている。

機能面での大きな変更はなく、JavaScriptベンチマーク「SunSpider」の値も前バージョン並であることから、WebKitプロジェクトで開発が進む新設計のJavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」は採用されていないと推定される。

人気記事

一覧

新着記事

ほっともっと、野菜とスーパーフードが入った「20品目の彩り弁当」発売
[15:40 8/26] ヘルスケア
キャリーケースに猫が入ってくれない! どうすればいい?
[15:39 8/26] 趣味
有吉弘行、生放送で熱愛報道イジられ「私事ですが、本日…」
[15:31 8/26] エンタメ
ASUS、奥行き18.1cmのスリムな21.5インチ一体型デスクトップPC
[15:22 8/26] パソコン
広島県名物「もみじ饅頭」のお酒があるって、知ってた?
[15:19 8/26] 趣味