NDS用ゲームデータのネット販売で3人逮捕、マジコンもセット - 京都府警

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と南署、山科署は13日、ホームページを通じて「ニンテンドーDS」用ゲームソフトのデータ入りmicroSDカードを販売していた男女3名を、著作権法違反の容疑で逮捕した。

逮捕された3名は、大阪府寝屋川市の職業不詳男性(37歳)のほか、いずれも同市内の有限会社代表取締役の女性(58歳)、職業不詳男性(21歳)。容疑者らは2008年7月26日、任天堂が著作権を持つ「マリオパーティDS」など5タイトルのゲームソフトデータを権利者に無断で複製し、ホームページ「DSGAMEJP」で販売。複製データを記録したmicroSDカードを京都市内の購入者男性に郵送していた。また、複製データをニンテンドーDSで遊べるようにするには"マジコン"と呼ばれる機器が必要で、マジコンの一種である「R4」も合わせて10,980円で販売していた。

同サイトでは、不正コピーしたニンテンドーDS用ゲームソフトをアップロードし、ダウンロード販売を展開。「DSゲームはダウンロードする時代」「全てのゲームが0~500円」など謳い、集客を図っていた。京都府警の捜査員によるサイバーパトロールの中で発見されたという。

ニンテンドーDSの開発・販売を手がける任天堂は2008年7月29日、他のソフトメーカー53社とともに、マジコンの輸入・販売の差し止めを求める訴訟を東京地方裁判所に起こしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事