ドコモ、スピードセレクター搭載のVIERAケータイ「P-02A」を発表

 

NTTドコモは5日、FOMA携帯電話の新製品「P-02A」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)を発表した。約3.1インチフルワイドVGA(480×854ドット)液晶を搭載したスライド型の携帯電話。パナソニックの薄型テレビ「VIERA」で培った映像技術が盛り込まれている。2009年1月~3月発売予定。

「P-02A」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)

電話機本体をスライドさせるとディスプレイ側が斜めに起き上がる、スイングスライド形状を採用。これにより、画面が見やすくなったほか、スライド部の段差が少なくなり操作性が向上した。スライド上部には、中央の十字キーと一体になったダイヤル式のコントローラ「スピードセレクター」を搭載し、ページ送りや候補選択などをスムーズに行える。

正面。ディスプレイ部に「スピードセレクター」が設置されている

側面。右側面には、シャッターボタンが配置される。デジカメライクな撮影もできる

ディスプレイには、液晶の傷や汚れを防ぐハードコートパネル処理を施した、約3.1インチフルワイドVGA(480×854ドット)液晶を採用。15フレーム/秒の映像を2倍の30フレーム/秒で表示する「モバイルWスピード」、動画再生時に最大で、6,000:1のコントラスト比でメリハリのある色を再現する「モバイルWコントラストAI」機能を搭載する。

モバイルカメラは、有効画素数約510万画素CMOSカメラを採用。静止画6軸手ブレ補正、顔検出オートフォーカスなどの機能を搭載するほか、ISO1600相当の高感度撮影に対応する。

背面。約510万画素の外部カメラ/フォトライト/FeliCaを搭載する

スライドさせるとディスプレイ部が弧を描く

このほか、新サービスのiアプリオンライン、iコンシェル、iウィジェットに対応するほか、おサイフケータイ、Bluetooth、GPSを搭載する。通信面では、FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps)、国際ローミング「WORLD WING(3G+GSM)」をサポートする。ボディカラーは、サファイアピンク / ダイヤモンドブラック / パールホワイト、エメラルドグリーンの4色を用意している。

機種名 P-02A
寸法 約112×50×17.9mm(最厚部約21mm)
質量 約137g
連続待受時間(静止時[自動]) 約510時間
GSM連続待受時間(静止時[自動]) 約240時間
連続通話時間(3G) 約200分(3G)/約190分(GSM)
連続テレビ電話時間 約110分
メインディスプレイ 約3.1インチフルワイドVGA(480×854ドット)TFT液晶(262,144色)
サブディスプレイ
外部メモリー microSDHC(最大16GB)
外側カメラ機能 有効画素数約510万画素CMOSカメラ(顔検出オートフォーカス対応)
内側カメラ機能 有効画素数約33万画素CMOSカメラ
サファイアピンク / ダイヤモンドブラック / パールホワイト / エメラルドグリーン
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電