九十九電機が民事再生法の適用を申請

 

東京・秋葉原の老舗パソコンショップである九十九電機(鈴木淳一・代表取締役)が30日、民事再生法の適用を申請したことが明らかになった。帝国データバンクの発表によると、負債額は約110億円。

秋葉原のPCショップでは、今年初頭に高速電脳が閉店したばかりだが、今回は民事再生法の適用であり、倒産した高速電脳のケースとは異なる。30日現在、九十九電機の各店の営業は通常通り行われている。

九十九電機は1947年(昭和22年)に秋葉原で通信機材の販売を開始したのが始まり。1978年(昭和53年)には秋葉原初のマイコン・通信機の専門店「5号店」、2000年(平成12年)には日本初のロボット専門店「ツクモROBOCON Magazine館」(現・ロボット王国)を開設するなど、時代を先取りしてきた。

人気記事

一覧

新着記事

「辻利 宇治本店」が宇治に旗艦店--古民家にここだけの飲みくらべセットも
[05:30 9/28] 趣味
“ぱるる”に6人の個性派俳優たちが濃密に絡む!
[05:00 9/28] エンタメ
[昼顔]上戸彩&斎藤工の“不倫ドラマ”が映画化 濃密ラブシーンも
[05:00 9/28] エンタメ
島崎遥香は撮影初日から"デカ長のたたずまい" 『ナシゴレン課』共演者発表
[05:00 9/28] エンタメ
[香取慎吾]「ファンに一言」の呼びかけに立ち止まるも… 本心明かさず
[04:00 9/28] エンタメ