Googleマップでカーナビのようなドライブルート検索、iPhoneなどでも可能に

グーグルは、地図サービス「Googleマップ」で車を使ったドライブルート検索を開始した。出発地と目的地を入力して検索すると、カーナビゲーションシステムのように車のルートを表示してくれる。また、スマートフォンの「iPhone 3G」と「Windows Mobile」搭載端末でも同じ機能が利用可能になっている。

Googleマップ上での検索画面。目的地は複数設定が可能で、有料道路を使わない設定もできる

Googleマップでは、従来電車を使ったルート検索に対応していたが、今回新たに車でのルート検索に対応。英語版ではすでにサービスを開始していたが、日本でも同様の機能が利用できるようになった。

ルート検索は、基本的に最短距離のルートを検索するようだが、オプションで一般道や無料区間を優先することもできる。交差点などのポイントに「ストリートビュー」の画像がある場合はそれも表示され、分岐などでの様子が分かりやすい。ただし、カーナビのように渋滞情報を考慮した検索や複数ルートの同時検索には対応していない。

ルートを検索したところ

ルート上にある分岐点で、カメラのアイコンがある部分ではストリートビューの画像が表示される

iPhoneの標準アプリケーションである「マップ」、Windows Mobile向けの「モバイルGoogleマップ」でも、同様に車のルート検索をサポート。「マップ」は「経路」から、モバイルGoogleマップでは「ルート」から検索が可能。いずれも、GPSなどを使って現在地を出発点に設定して素早く検索できる。

iPhone 3G上でルート検索をしたところ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事