ソフトバンク、故障・紛失保証などの「あんしん保証パック」入会条件変更へ

ソフトバンクモバイルは24日、アフターサービス「あんしん保証パック」の入会条件を2009年2月1日より一部変更すると発表した。

あんしん保証パックは、月額498.75円で、「故障保証」「盗難・紛失保証」「破損保証」「機種変更特割」「水濡れ・全損保証」「電池パック無料提供」などがセットになったサービス。同サービスはこれまで自由に加入できたが、2009年2月1日からは、ソフトバンク携帯電話機の購入時(新規回線契約時/買い増し/機種変更/契約変更)のみ加入可能となる。ただし、「ソフトバンクアフターサービス」または「スーパー安心パック」から、あんしん保証パックへ移行する場合は、購入時以外も移行できる。

2009年2月1日以降に、あんしん保証パックに加入していないユーザーが携帯電話を修理に出した場合、修理代金を100%負担することとなる。このため同社は、今回の入会条件および利用条件の一部変更に先立ち、あんしん保証パックの再入会の制限(退会日から6ヶ月経過まで再入会ができない)を11月30日で廃止。2008年12月1日から2009年1月31日まで、全ユーザーが制約なく、あんしん保証パックへ入会する期間を設ける。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事