キングジム、折りたたみ式キーボードを搭載した文庫本サイズのメモツール

 

キングジムは21日、4型VGA(640×480ドット)液晶を備えた文庫本サイズのボディに折りたたみ式のキーボードを搭載することでスムーズな文字入力を実現したデジタル入力ツール「デジタルメモ『ポメラ』DM10」を発表した。価格は2万7,300円。11月10日に発売される予定だ。

デジタルメモ「ポメラ」DM10

デジタルメモ「ポメラ」DM10は、電源投入後約2秒で起動し、単4アルカリ乾電池2本で最大20時間の連続使用が可能なデジタル入力ツール。キーボードのキーピッチは約17mmとノートPC並みのサイズが確保され、ノートPC感覚で快適に文字入力ができる。漢字変換方式はATOKで、連文節変換や辞書学習機能が用意されている。ただし、予測変換機能は利用できない。また、キーバインドをMS-IMEスタイルに変更することも可能だ。対応する文字はJIS第1水準と第2水準。

入力した内容は、最大全角8,000文字まで入力可能なテキストデータ(.txt)として保持され、USB接続でPCに転送することでPC上でそのまま編集加工できる。内蔵メモリには、8,000文字入力したテキストファイルを6ファイルまで保存できる(最大保存可能文字数は約4万8,000文字)。

同社では、初年度売り上げ目標として3万台を掲げている。

本体サイズは100(W)×145(D)×30(H)mm(折りたたみ時)、100(W)×250(D)mm(使用時)で、重量は約370g。電源は単4アルカリ乾電池×2、またはUSBバスパワーで駆動し、単4アルカリ乾電池使用時の駆動時間は約20時間。外部インタフェースはmicroSDカードスロット(最大容量2GB、CLASS2対応、SDHC非対応)。カラーはパールホワイト、プレミアムブラック、トワイライトオレンジの3色。PCリンク時の対応OSは、Windows XP/Vista。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事