iPhoneをビジネスの現場に導入、大口顧客第1号が決定

ソフトバンクモバイルは6日、企業のマネジメント支援などを行うビジネスコンサルティング大手ベリングポイントが、同社のスマートフォン「iPhone 3G」を業務用として採用し、約1,000台を導入すると発表した。

ベリングポイントは、コンサルタントが顧客企業に常駐することが多く、高速データ通信カードと携帯電話を貸与して仕事環境の改善を図っていた。iPhoneを導入することで、常時PC並みの環境を確保し、場所を選ばないワークスタイルをさらに強化することが狙い。

また、ベリングポイント本社がある米国ではiPhone向けの業務アプリケーション開発が進んでいて、日本でも順次展開されることが想定される、と指摘。こうしたiPhoneを使った業務改革を顧客企業に提案していくことも検討している。

ソフトバンクモバイルでは、iPhoneを法人向けに3カ月間、料金無料で貸し出しをするなど、法人市場に向けた拡販を本格化している。そうした中、今回のベリングポイントの導入決定は、国内法人市場におけるiPhoneの大口顧客第1号の事例となった。

iPhone 3Gは、アップルによるスマートフォンで、独特の使いやすいユーザーインタフェースに加え、アプリケーションの追加によってPC並みの機能を利用できたり、法人向けサービスにも対応できるため、法人市場への訴求を図り、先行する他社スマートフォンに対抗していく考えだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事