東芝、美しさとエコを打ち出した12.1型ワイド軽量モバイルノート「NX」を投入

 

dynabook NX グラマラスブラック

東芝は、スタイリッシュなフォルムとモバイル性を持ち、さらにエコロジーにまで配慮したノートPC、「dynabook NX」シリーズを発表した。SSDモデルの「NX/78GBL」の店頭予想価格は約30万円前後。HDDモデルの「NX/76G」の店頭予想価格は20万円前後。どちらも10月下旬発売予定。

両モデルとも、CPUはCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)でチップセットはIntel G45 Express。メモリは2GBで最大3GBとなっている。液晶は12.1型ワイド(1,280×800ドット)。光学ドライブはDVDスーパーマルチ。ストレージに違いがあり、NX/78GBLは128GBのSSDを、NX/76Gは160GBのHDDを内蔵する。これにより、重量やバッテリ駆動時間に違いが生じてくる。

エコに注力しているのもNXシリーズの特徴。これまでのdynabookで培ってきた環境調和設計を継承しており、世界の厳しい環境基準をクリアしている。さらに、リサイクルにも対応できるよう、プラスチックのボディを使用しねじ本数削減、さらに複合部材の採用を減らしている。

エコロジー対策は物理的なものだけではなく、省電力化によっても果たされている。LEDバックライトや低消費電力のCPU・チップセットを装備。加えて、Windows Vistaのガジェットとして「消費電力メーター」を備えており、自分の使用している電力が一目でわかるので環境への意識が高まるようになっている。

軽量化とエコロジーを実現するプラスチックボディだが、堅牢さも失っていない。100kgfの面加圧や、75cm落下、100ccの浸水などに耐える設計となっている。

デザインの美しさもNXの特徴。直線的で美しいボディラインを持っており、さらに「グラマラスブラック」「ロータスピンク」「ノーブルホワイト」の3種のカラバリも用意している。ただし、SSDモデルはグラマラスブラックのみとなる。

ロータスピンク

ノーブルホワイト

主な仕様

型番 NX/78GBL NX/76G
CPU Core 2 Duo SU9300(1.20GHz)
メモリ 2GB(最大3GB)
チップセット Intel GS45 Express
グラフィックス Intel GMA 4500MHD(チップセット内蔵)
ストレージ SSD128GB HDD160GB
液晶 12.1型ワイド(1,280×800ドット)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
インタフェース USB2.0×3(うちひとつはeSATA共用)、LAN端子(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)×1、ミニD-Sub15ピン、メモリーカードスロット×1、PCカード(TYPE II)×1ほか)
無線LAN 802.11b/g/n
指紋センサー あり
バッテリ駆動時間 約11.5時間 約10.5時間
サイズ 約286(W)×29.9(H)×233(D)mm
重量 約1.39kg 約1.45kg
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に「長かった…」「おかえりなさい」
[10:15 7/31] エンタメ
iPhone基本の「き」 第208回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - メールの添付ファイル、どうしてますか
[10:00 7/31] スマホとデジタル家電
平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味