Chromeにクレーム? 最速とのGoogleの主張にMozillaが反論

 

SunSpiderを利用したV8とTraceMonkeyの性能比較(画像は「Brendan Eich's Roadmap Updates」から転載)

Mozillaの主要開発メンバーが、Googleが主張するJavaScriptエンジン「V8」の高速性について、一部反論を展開している。V8の高速性を認めつつも、各種テストを踏まえた総合成績ではMozillaの「TraceMonkey」がV8を上回る、という論旨だ。

Googleは、Safariなどで実績を持つレンダリングエンジン「WebKit」をベースに開発した、新しいWebブラウザ「Chrome」の提供をスタート。JavaScriptエンジンには独自開発の「V8」を搭載、あわせて公開された「V8 Benchmark Suite」を利用するテストでは、他のWebブラウザを圧倒するスコアを記録している。

Mozilla側の主張は、JavaScriptの発明で知られる現Mozilla最高技術責任者 (CTO) Brendan Eich氏のブログに掲載された。9月3日付けの投稿では、WebKit開発チームが提供するJavaScriptベンチマークスイート「SunSpider」を使い、Mozillaが開発中のJavaScriptエンジン「TraceMonkey」とV8とを比較した結果、Mac mini上で動作するWindows XPでは1.28倍、MacBook Pro上で動作するWindows Vistaでは1.19倍上回ったという。

公開されたSunSpiderの実行結果によれば、14種あるテストのうち、TraceMonkeyがV8を上回ったのは8項目。ただし、反復処理が多い「controlflow-recursive」テストでは10倍もの差が生じるなど、V8がTraceMonkeyを大きく上回る項目もある。Eich氏は、性能差の原因調査を次なる課題としたい、と述べている。

SunSpiderの詳細なテスト結果(画像は「Brendan Eich's Roadmap Updates」から転載)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ