赤塚不二夫の作品が二次創作可能に - クリエイター投稿サイト「Open Post」

日本動画協会は、次世代クリエイター発掘支援投稿サイト「Open Post」にて、二次創作を許可する作家の作品を追加した。従来の手塚治虫全作品に加え、故赤塚不二夫の『天才バカボン』、『もーれつア太郎』や、竜の子プロダクションの『宇宙の騎士テッカマン』、『紅三四郎』、『けろっこデメタン』が追加された。

二次創作が許可された赤塚不二夫と竜の子プロダクションの作品一例

バカボンのパパ(C)フジオ・プロ

宇宙の騎士テッカマン(C)タツノコプロ

Open Postは、インターネット上で次世代クリエイターが作品を投稿、発表できるサイト。投稿可能な作品は、動画映像、イラストなどのオリジナル作品あるいは、二次創作を許可している作家の作品(キャラクター、ストーリー、ロゴデザイン、美術設定など)を素材として用いた作品とされている。

なお、同サイトでは「金の卵発掘プロジェクト」の作品を募集している。同プロジェクトは、次世代を担うクリエイターを発掘し、アニメ業界や関連業界へのプレゼンテーションを行うことで、商業化登用の機会を創出するというもの。プレゼンテーションで高い評価を得ることができれば、アニメ(脚本、キャラクター)や、DVD、キャラクターグッズ、書籍などの商品になる可能性があるという。

金の卵発掘プロジェクト

募集期間 9月10日まで
募集部門 FLASHアニメーション部門
イラスト・キャラクター部門
シナリオ部門
募集作品 自分の自由な発想で作る「オリジナル作品」
OPEN POSTの特色でもある二次創作「テーマ作品」
応募方法 こちらより


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事