JASRAC、動画投稿サイト「TVブレイク」運営するパンドラTVを提訴

日本音楽著作権協会(JASRAC)は6日、JASRACが管理する音楽著作物を無断使用した投稿動画をネット上に掲載したとして、動画投稿サイト「TVブレイク」を運営するパンドラTVに対して、1億2,800万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

JASRACによると、2007年6月以降パンドラTVに対し、権利侵害動画の投稿の具体的防止策と権利侵害動画の配信停止を要請。パンドラTVは、同サイトで発生する著作権侵害について責任を負わないと主張しているという。

JASRACの調査によれば、2008年4月時点で、JASRACの管理著作物を含む動画ファイル2万613件を確認、その分だけでも合計381万2,198回の視聴が行われていることが判明。「使用料規程に定める1曲1回の使用料に基づき算定すると、これまでに1億2,800万円を超える損害が発生した」(JASRAC)とし、今回の提訴に踏み切った。

JASRACでは、「今後も侵害が継続された場合、1カ月あたり少なくとも944万円の損害が生じることになる」としている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事