Mac OS Xの月例セキュリティアップデータが公開 - DNSの脆弱性問題に対処

 

Appleは7月31日 (米国時間) 、月例セキュリティアップデータ「Security Update 2008-005」を公開した。対象システムはMac OS X 10.5.4および10.4.11、クライアント / サーバ版とプラットフォーム別の計5種用意されたバイナリパッケージは、AppleのWebサイトまたはソフトウェア・アップデート経由で提供される。

*Security Update 2008-005 (Leopard)

*Security Update 2008-005 (Intel)

*Security Update 2008-005 (PPC)

*Security Update 2008-005 Server (PPC)

*Security Update 2008-005 Server (Intel)

今回のセキュリティアップデータにより修復される項目は、Mac OS X 10.5.3 (Leopard) が11件、Mac OS X 10.4.11 (Tiger) が10件。DNSサーバソフト「BIND」がv9.4.1-P1からv9.4.2-P1へとアップデート、多くのベンダーで問題が指摘されていたDNSキャッシュポイズニングの脆弱性に対処した。

迅速なファイルのプレビューを可能にするLeopardの新機能「QuickLook」もアップデート、悪意のもと作成されたMS-Office文書を表示すると、アプリケーションの異常終了や不正なコードの実行を招く脆弱性が解消された。ほかにも、OpenLDAPやOpenSSL、CoreGraphicsに存在が指摘されていたセキュリティ問題が解決されている。

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー