仮想ブラウザでWebサイトの脅威から保護する「ZoneAlarm ForceField」

ニュース
トップ

仮想ブラウザでWebサイトの脅威から保護する「ZoneAlarm ForceField」

  [2008/07/29]

「ZoneAlarm ForceField」

ジャングルは、Webブラウザに仮想化技術を組み込むことによりスパイウェア、フィッシング詐欺など、Webからの脅威を防ぐソフトウェア「ZoneAlarm ForceField」を8月21日より価格3,980円で発売する。対応OSは、Windows XP(SP2) / Vista。対応ブラウザは、Internet Explorer 6 / 7、Mozilla Firefox 1 / 2 / 3となる。なお、3台までインストール可能な「ZoneAlarm ForceField 3台用」の価格は、6,980円。

ZoneAlarm ForceFieldは、ブラウザにプラグインとして組み込まれる。Webブラウザを仮想ブラウザとして機能させ、Webを介してユーザーに送り込まれるマルウェアやスパイウェア、個人情報を盗み取るフィッシング詐欺などをブロックする。具体的にはWebサイトからの危険なダウンロードの検出、スパイウェアなどによるフィッシングのブロック、Webサイトに設置してあるフォーム入力などからのIDやパスワード窃取のブロックなどを可能とする。

IEのツールバーに組み込まれた画面

Firefoxのツールバーに組み込まれた画面

関連キーワード

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    岡崎のレスター、新監督候補にヒディンク氏浮上…中村俊輔元同僚も
    [00:27 7/4] ライフ
    村瀬歩と石川界人の関係性は日向と影山のよう?「ハイキュー!!」舞台挨拶
    [00:07 7/4] ホビー
    [ジャンプSQ.]新増刊「CROWN」誕生 「血界戦線」新シリーズや「D.Gray-man」も
    [00:00 7/4] ホビー
    神奈川県横浜市でハワイアンパンケーキが先着30人無料! "Aloha Beach Cafe"
    [00:00 7/4] 旅行
    元フランス代表FWアネルカ、インドのムンバイで選手兼監督に就任
    [23:49 7/3] ライフ

    特別企画 [PR]

    一覧