仮想ブラウザでWebサイトの脅威から保護する「ZoneAlarm ForceField」

ニュース
トップ

仮想ブラウザでWebサイトの脅威から保護する「ZoneAlarm ForceField」

  [2008/07/29]

「ZoneAlarm ForceField」

ジャングルは、Webブラウザに仮想化技術を組み込むことによりスパイウェア、フィッシング詐欺など、Webからの脅威を防ぐソフトウェア「ZoneAlarm ForceField」を8月21日より価格3,980円で発売する。対応OSは、Windows XP(SP2) / Vista。対応ブラウザは、Internet Explorer 6 / 7、Mozilla Firefox 1 / 2 / 3となる。なお、3台までインストール可能な「ZoneAlarm ForceField 3台用」の価格は、6,980円。

ZoneAlarm ForceFieldは、ブラウザにプラグインとして組み込まれる。Webブラウザを仮想ブラウザとして機能させ、Webを介してユーザーに送り込まれるマルウェアやスパイウェア、個人情報を盗み取るフィッシング詐欺などをブロックする。具体的にはWebサイトからの危険なダウンロードの検出、スパイウェアなどによるフィッシングのブロック、Webサイトに設置してあるフォーム入力などからのIDやパスワード窃取のブロックなどを可能とする。

IEのツールバーに組み込まれた画面

Firefoxのツールバーに組み込まれた画面

関連したタグ

関連記事

関連サイト

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    妖怪ウォッチやサイコパスのスタッフによる「AnimeJapan」クリエイター講座
    [17:01 3/5] ホビー
    新しい環境で"キャラ変"するなら? - 1位「皆に合わせられる●●主義者」
    [17:00 3/5] キャリア
    【レポート】米HPワークステーション部門のディレクターが来日会見 - 「高性能・革新性・信頼性」の3つの核でシェアトップを維持
    [16:58 3/5] パソコン
    【レポート】多言語翻訳ソリューションで訪日外国人との「言葉の壁」を超える - パナソニックが『WONDER JAPAN TRIP』博多でデモ披露
    [16:52 3/5] 家電
    アップアニー、中小企業向けにアプリ市場データを提供へ
    [16:42 3/5] マーケティング

    特別企画

    一覧