アップル、「iPod touch 2.0 ソフトウェアアップデート」を提供開始

 

iPod touchが「iPhone 2.0」へバージョンアップ

Appleは11日 (米国時間)、iPhoneの最新システムソフトウェアアップデータ「iPhone 2.0 Software Update」を公開した。iPod touch向けにも「iPhone 2.0 Software Update for iPod touch」が提供され、日本では「iPod touch 2.0 ソフトウェアアップデート」として、iTunes Storeで1件あたり1,200円でダウンロード販売される。

iPhone 2.0 Software UpdateおよびiPhone 2.0 Software Update for iPod touchは、「iPhone 2.0」の名称で呼ばれていた最新版システムソフトウェア。アップデータには、OS X / Darwinをベースに開発された基盤部分と、Webブラウザやメールソフトなどの各種アプリケーションが収録され、11日に発売開始された「iPhone 3G」相当の機能を備える。

機能および収録アプリケーションは大幅に見直され、iTunes Storeから直接ソフトウェアをダウンロードできる「App Store」が追加されたほか、.Mac後継のネットワークサービス「MobileMe」のサポートが追加された。各国語に対応した入力システムも強化、日本の携帯電話に似たテンキー型の日本語入力方式が新たに採用されている。

メールクライアント「メール」は、iWorkやPowerPointなどの文書ファイルをプレビュー可能になったほか、複数のメールを一括して削除 / 移動したり、受信したメールに対し別のアカウントから返信したりする機能が追加された。スケジュールソフト「カレンダー」も、仕事用や個人用など複数のカレンダーを使い分けることが可能になった。ほかにも、「マップ」や「天気」など、2008年1月に公開された有償のソフトウェアアップデータ相当の機能が収録されている。

人気記事

一覧

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー