ジョジョ風『伊豆の踊子』!? -人気マンガ家が表紙を手掛けた名作が人気

 

集英社は6月下旬より、マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦氏が表紙を描く川端康成の名作『伊豆の踊子』など、人気マンガ家が表紙を手掛けた文庫本を発売し、人気を集めている。

荒木飛呂彦さんが描く『伊豆の踊子』表紙

同社では「夏の一冊 ナツイチフェア」の企画として、昨年に引き続き文庫本の表紙に人気マンガ家を起用している。今回は荒木飛呂彦氏による『伊豆の踊子』以外にも、「デスノート」の小畑健氏が夏目漱石の『こころ』と芥川龍之介の『地獄変』を、「テガミバチ」の浅田弘幸氏が中原中也の『汚れつちまつた悲しみに……』の表紙を手掛けているという。昨年、太宰治の『人間失格』の表紙を小畑健さんが描いたところ、例年の10倍以上である約21万部を発行したとのこと。

今回発売された『伊豆の踊子』表紙では、桜吹雪とともに艶妙なポーズの女性が描かれている。同社では、「現代の人気マンガ家と昭和を代表する作家とのコラボレーションが読書離れが進む若者にアピールし、新しい読者層の掘り起こしにつながるのでは」と期待している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事