KDDI、インテリアブランドやアーティストとコラボした携帯周辺機器を展示

ニュース
トップ

KDDI、インテリアブランドやアーティストとコラボした携帯周辺機器を展示

  [2008/07/02]

KDDIは7日まで、携帯電話とインテリアやアートとのコラボレーションを通じて、創造的な製品やライフスタイルを提案する新プロジェクト「another work*s(アナザーワークス)」のアイテムやアート作品を紹介する展示会「MOBILE in FOREST Exhibition」を開催している。会場は東京・渋谷区の「CASA Jingumae」(東京都渋谷区神宮前6-14-5)で、入場料は無料。

CASA Jingumaeの外観

会場の入り口にはシカのはく製が展示されている

another work*sは1日に発表された新プロジェクトで、国内外のインテリアブランドやアーティストとコラボレーションすることで、"もうひとつ先のケータイライフ"を提案するとういう。第一弾として、インテリアショップのCIBONE(シボネ)がプロデュースした製品を発表した。デザインオフィスnendoが手がけた、コンセントプレート「socket-deer」やBluetoothワイヤレススピーカー「Music-cage」のほか、6名のクリエイターが手がけた製品が用意された。このほか、アート雑誌「+81」のキュレーションによる5名のアーティストの作品もあわせて発表された。

開催中の「MOBILE in FOREST Exhibition」は、森の中をコンセプトとしたインスタレーションで、今回発表されたanother work*sの製品・作品を展示している。

「nendo」が手掛けたコンセントプレート「socket-deer」。充電中の携帯電話を掛けておくことができる。素材は、硬質なウレタンゴムを使用

同じくnendoによるワイヤレススピーカー「Music-cage」。天井から吊り下げられるペンダントタイプのほか、テーブル用、フロア用の3種類が用意される。好きな場所に置けて、音楽で手軽にリラックスするイメージから「鳥かご」のようなデザインになったという

LIVE FOR SWEETSによる充電器「HOLDING BEAR CHARGER」。クマのぬいぐるみにコンセントが付いている

熊谷有記による携帯ストラップ「きころハウスストラップ」。建築構造木材のかけらを利用したストラップ

冨田靖隆による携帯ストラップ「Feather fringe strap」。オートクチュールに使用する髪飾りからインスパイアされたという

デザインオフィスenamel.「oyasumi&ohayo」

OHGUSHI「Rhythm1/Rhythm2」

黒田潔「The Golden Dark(金の闇)/The Red Dark(赤の闇)」

浜田武士「Zwischen/Punkt」

福井利佐「auの木」

製品・作品の販売方法や価格については、EZwebまたはPC向けの「another work*s」サイトで明らかにされるという。

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    『アナと雪の女王MovieNEX』初週で200万枚突破! レンタル回数も100万回超え
    [04:00 7/25] エンタメ
    上海問屋、50mmドライバ搭載で実売3,999円の密閉型ヘッドホン
    [01:41 7/25] パソコン
    IKKI連載作の今後が明らかに、今冬には新雑誌
    [00:00 7/25] ホビー
    「3月のライオン」初のファンブック発売決定
    [00:00 7/25] ホビー
    [沙村広明]「無限の住人」作者の新連載が「アフタヌーン」でスタート 「波よ聞いてくれ」
    [00:00 7/25] ホビー

    特別企画

    一覧