米AT&TがiPhone 3Gの販売価格を正式発表

iPhone 3G

米AT&Tは7月1日 (現地時間)、米国における「iPhone 3G」の本体販売価格およびサービスプランの詳細を発表した。同社は7月11日に、ローカル時間の午前8時に開店してiPhone 3Gを販売する。

6月のWWDC 2008で発表された通り、新規の場合は2年間のサービス契約で8GBモデルを199ドル、16GBモデルを299ドルで販売する。また7月11日以前にiPhoneを購入したiPhoneカスタマー、iPhone 3GをAT&Tでアクティベートしたユーザー、アップグレード割引の条件を満たした既存のAT&Tユーザーなども、2年契約を結べば同様の本体価格で入手できる。AT&Tユーザーに対するアップグレード割引は、これまでの契約年数や支払い履歴から判断されるそうだ。

アップグレード割引の対象ではないAT&Tユーザーの場合、2年間のサービス契約で8GBモデルが399ドル、16GBモデルが499ドルになる。また将来、2年契約不要で8GBモデルを599ドル、16GBモデルを699ドルで販売するオプションを用意するという。

サービスプランは音声通話サービスの内容が異なる4種類が用意されている。データ/音声通話ともに無制限の「AT&T Nation Unlimited」が月額129.99ドル。音声通話が1350分/月の「AT&T Nation 1350」が同109.99ドル、900分/月の「AT&T Nation 900」が同89.99ドル、450分/月の「AT&T Nation 450」が同69.99ドルだ。複数の回線を1つのアカウントにまとめられるファミリープラン「AT&T FamilyTalk」は月額129.99ドルからとなっている。なおAT&Tのプリペイドサービス「GoPhone Prepaid」をiPhone 3Gで利用することはできない。

初代iPhone用のプランには200メッセージ分のSMS Text Messageが含まれていたが、新プランでは追加オプションとなる。料金は200メッセージが5ドル/月、1500メッセージが15ドル/月、無制限20ドル/月。

アクティベーション料金は、アップグレードまたは機種変更が18ドル、新規契約者が36ドルだ。AT&Tは同社のiPhone用Webページで、iReadyというiPhone 3Gへのアップグレードや新規契約に備えるための情報を提供し始めた。既存のiPhoneユーザーの「現在使っているiPhoneをどうすればよいでしょうか?」という質問に対する回答は、「友だち、または家族にゆずりましょう」となっている……。

人気記事

一覧

新着記事