Mac OS X Tiger向けのセキュリティアップデータが配布開始 - Safari最新版も

 

Appleは米国時間の6月30日、月例セキュリティアップデータ「Security Update 2008-004」の配布を開始した。対象システムはMac OS X 10.4.11、クライアント / サーバ版とプラットフォーム別の計4種用意されたバイナリパッケージは、AppleのWebサイトまたはソフトウェア・アップデート経由で提供される。

*Security Update 2008-004 (PPC)

*Security Update 2008-004 (Intel)

*Security Update 2008-004 Server (PPC)

*Security Update 2008-004 Server (Intel)

今回のセキュリティアップデータにより修復される項目は、Mac OS X 10.4.11クライアント / サーバ版とも9件。悪意のもと作成されたWebサイトにアクセスすると、任意のコードを実行されてしまう危険性があるLaunch Servicesの問題 (CVE-2008-2311) や、脆弱性の存在が確認されたApache Tomcatのアップデート (4.x系で最新のv4.1.37) が行われた。なお、Security Update 2008-004の内容は、同日配布が開始された「Mac OS X 10.5.4」にも収録されている。

あわせてAppleは、Mac OS X Tiger向けに「Safari 3.1.2」の提供も開始した。悪質なWebサイトにアクセスすると、アプリケーションの異常終了や任意のコードの実行を招く問題 (CVE-2008-2307) の修正が目的で、6月19日リリースのWindows版SafariおよびMac OS X 10.5.4にも同じ修正が反映されている。

人気記事

一覧

新着記事

KinKi Kids新アルバム、週間ランキング初登場1位に! 13.1万枚売上
[04:00 9/27] エンタメ
テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー