ダウンロードの安全性が向上した「Safari 3.1.2 for Windows」

 

Appleは19日 (米国時間)、Webブラウザ「Safari 3.1.2 for Windows」をリリースした。動作環境はWindows XP SP2 / Vista、バイナリパッケージは同社Webサイトおよびソフトウェア・アップデート経由で入手可能。

今回のリリースは、脆弱性修復が目的のセキュリティアップデート。4件ある修正箇所のうち1件は、Safariでダウンロードしたコンテンツを保存する場所が標準値 (デスクトップ) のとき、任意のコードを実行される可能性があるというもので、Microsoftが5月31日にセキュリティアドバイザリを発表していた。

Safari 3.1.2にアップデートすると、ダウンロードしたファイルを保存するときユーザに注意を喚起するメッセージが現れるようになるほか、ダウンロードしたファイルのデフォルトの保存先が「ダウンロード」フォルダに変更される。

人気記事

一覧

新着記事

芸能人×一般人が”サシ”でトーク! 新番組『テレ東のさしめし』
[14:00 9/30] エンタメ
海原やすよともこ「お金に目をくらませない」『どこいこ!?』人気の秘密
[14:00 9/30] エンタメ
石原さとみ、1億円持ち上げられるか!? "おでんふーふー"にスタッフメロメロ
[14:00 9/30] エンタメ
新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT