ダウンロードの安全性が向上した「Safari 3.1.2 for Windows」

 

Appleは19日 (米国時間)、Webブラウザ「Safari 3.1.2 for Windows」をリリースした。動作環境はWindows XP SP2 / Vista、バイナリパッケージは同社Webサイトおよびソフトウェア・アップデート経由で入手可能。

今回のリリースは、脆弱性修復が目的のセキュリティアップデート。4件ある修正箇所のうち1件は、Safariでダウンロードしたコンテンツを保存する場所が標準値 (デスクトップ) のとき、任意のコードを実行される可能性があるというもので、Microsoftが5月31日にセキュリティアドバイザリを発表していた。

Safari 3.1.2にアップデートすると、ダウンロードしたファイルを保存するときユーザに注意を喚起するメッセージが現れるようになるほか、ダウンロードしたファイルのデフォルトの保存先が「ダウンロード」フォルダに変更される。

人気記事

一覧

新着記事

「弱虫ペダル SPARE BIKE」入場者プレゼントはデフォルメイラスト缶バッジ11種
[00:00 7/28] ホビー
[三太郎]桃ちゃんがかぐちゃんの“口撃”にたじたじ “ガラスの靴”が登場
[00:00 7/28] エンタメ
[乃木坂46西野七瀬]「ヤンジャン」グラビアで“老舗旅館の一人娘”に お風呂場にショーパン姿で…
[00:00 7/28] エンタメ
魚介忘太×わんにゃんぷー「殺伐シェアライフ」1巻、化け物2匹のギスギス生活
[23:46 7/27] ホビー
[仮面女子・桜雪]東大出身アイドル念願の「東大受験本」出版に歓喜 狙うはミリオンセラー
[23:26 7/27] エンタメ