KDDI、2年ぶりの耐衝撃携帯「G'zOne W62CA」を発表 - 2cm切る薄型化を実現

 

KDDIは3日、au携帯電話の新製品「G'zOne W62CA」(カシオ計算機製)を発表した。耐水・耐衝撃性能を持つ「G'zOne」シリーズとしては、2006年夏モデルの「G'zOne W42CA」以来2年ぶりの新機種となる。7月以降発売予定。

「G'zOne W62CA」(カシオ計算機製)

IPX5/IPX7等級の防滴・防水性および従来のG'zOneシリーズ同等の耐衝撃性を備えるが、これまでの機種が骨太なデザインだったのに対し、厚さを2cm以内に抑え、アウトドア志向でありながらスマートな印象に仕上げた。また、KDDIの新共通プラットフォーム「KCP+」を採用し、豊富な機能を内蔵している。

左からシリーズ初代の「C303CA」(2000年)、初の折りたたみ「G'zOne TYPE-R」(2005年)、初のWIN「G'zOne W42CA」(2006年)、今回の「G'zOne W62CA」

W42CA(左)と同等の耐衝撃性に加えワンセグなど最新機能を搭載しながら、約9mmの薄型化を図った

形状は標準的な折りたたみ型で、ディスプレイは約2.7インチワイドQVGA(240×400ドット)液晶を採用。従来機種で搭載されなかったワンセグ受信機能やおサイフケータイなどが新たに搭載されたほか、KCP+で標準サポートされるLISMO Video、Full Game!、au one ガジェット、Bluetooth通信機能、マルチプレイウィンドウなどが利用できる。また、「ケータイ de PCメール」、「au Smart Sports Run&Walk」(モーションセンサー対応)など最新のサービスにも対応する。背面のサブディスプレイには電子ペーパーを採用し、操作を行わない場合も常時時刻を表示する。

防水性を確保するため端子類にはパッキン、電池フタにはスクリューが備えられている

「W61CA」と同じく、カラーバリエーションによってキーパッドのデザインが異なっている

背面ディスプレイには電子ペーパーを採用。表示内容の保持に電力を必要としないため、無操作時も常時時刻を表示する(操作時は秒まで表示)

G'zOne独自の機能としては、内蔵のGPS、方位センサー、温度センサーを生かしたオリジナルアプリ群「G'zGEAR」を搭載する。アプリは、方角とその方向に存在する山の名所を表示する「EARTH COMPASS」、現在のおおまかな高度と日本地図上での位置を表示する「EARTH LOCATOR」、現在の温度と過去(1975年および2000年)の最高/最低気温を表示する「HEAT GAUGE」、国内100地点のタイドグラフ(時間による潮位の変化を示すグラフ)を表示する「SEA TIDE」、日出/日入の時刻を表示する「SUNRISE SUNSET」、月齢を表示する「ASTRO CALENDAR」の6種類で、内蔵モーションセンサーの働きにより本体を振ることで各機能を切り替えることもできる。

「EARTH COMPASS」では方角とその先にある山などを表示。現在地からの距離も出る

「EARTH LOCATOR」では現在のおおまかな高さ(GPS計測による)を表示。上下にスクロールするとその高さに住む動物も見られる

「HEAT GAUGE」では現在の気温と、各県庁所在地の過去の最高/最低気温がわかる

「SEA TIDE」ではタイドグラフを表示。潮位の動きが釣りに適したタイミングになると魚のマークが現れる

「SUNRISE SUNSET」では日出/日入時刻と現在の太陽の方角・仰角がわかる

「ASTRO CALENDAR」では月齢と太陽・地球・月の位置関係を表示。月食など天体イベントがある日もわかる

そのほか、ロスタイムの計測ができるなどスポーツシーンで役立つストップウォッチ/タイマー機能の「SPORTS TIMER」、ケガや急病への応急対処法をまとめた電子書籍「レスキューガイドブック」などを搭載。また、ここ数年のカシオ製携帯電話にはペンギンのキャラクターが登場する待受画面などがプリインストールされていたが、今回の製品では代わって、「G」にちなみゴリラのキャラクターが登場する。

ロスタイム計測などができる「SPORTS TIMER」

日常生活やレジャーにおける応急対処法がわかる「レスキューガイドブック」。図解での解説も含まれている

"カシオのペンギン"に代わって2匹のゴリラ「Eco & Ego G」が登場。Ego Gは空き缶を放り投げて散らかしたりと"エゴ"だが、Eco Gはゴミの分別をするなど"エコ"。ペンギンと同じデザイナーが手がけたキャラクターだという

寸法 約50×107×19.9mm
質量(電池装着時) 約133g
連続通話/待受時間 約260分/約230時間(カロリーカウンターOFF時)
メインディスプレイ 約2.7インチワイドQVGA(240×400ドット)
サブディスプレイ 約1.1インチ電子ペーパー(128セグメント)
カメラ 有効画素数197万画素
外部メモリ microSDカード
スパークリンググリーン、バーンドブラック、フローズンホワイト
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『星のカービィ』一番くじに、ドットやゲーム画面デザインのアイテムが登場
[19:00 9/30] ホビー
シャープ、有機ELディスプレイのパイロットラインに574億円を投資
[18:49 9/30] テクノロジー
[注目アニメ紹介]「タイガーマスクW」 34年ぶりの新作アニメ 2人のタイガーに注目
[18:44 9/30] ホビー
[カノン]比嘉愛未、佐々木希、ミムラが3姉妹役で共演 親子の絆を硬軟織り交ぜ描く
[18:43 9/30] エンタメ
[フジテレビ亀山社長]古舘伊知郎の新番組 日曜2時間枠で「サラリーマン層取り込む」
[18:43 9/30] エンタメ