アクセス殺到で即中断を経て、『ニコニコ大百科』が正式オープン

ニワンゴの運営する動画共有サイト「ニコニコ動画(SP1)」において25日、『ニコニコ大百科』が正式オープンした。ユーザーがニコニコ動画に関する用語や動画についての記事を作成・編集・閲覧できるサービスで、今年3月のSP1発表会で告知されていたもの。今月13日に試験運用が開始された後、アクセス集中で即中断、その後はアクセス制限をかけた形で提供されていた。

ニコニコ大百科では「単語記事」と「動画記事」のカテゴリがあり、それぞれ用語や流行といったテキスト情報を対象にしたもの、ニコニコ動画で視聴できる動画そのものを対象にしたものとなっている。記事には関連したニコニコ動画、ニコニコ市場のリンク貼り付けが可能で、反対に動画視聴ページのタグからニコニコ大百科の記事検索を行うこともできる。記事本文とは別に、テキストコメントの書き込みや、専用画面で描いた絵を直接投稿できる掲示板も提供される。また単語記事では、見出し部分のタブからニコニコ大百科の記事とWikipediaの記事を切り替えて表示できるようになっている。

現在、記事の作成・編集を行えるのはニコニコ動画のプレミアム会員のみ。記事の閲覧は会員に限らずすべてのネットユーザーが利用できる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事