BINDオルタナティブのDNSサーバ「Unbound 1.0」がリリース

 

オランダNLnet Labsと米VeriSign、英Nomiet、スウェーデンKireiの4社は米国時間の20日、オープンソースのDNSサーバソフトウェア「Unbound 1.0」をリリースした。LinuxやFreeBSD、Mac OS XやSolarisなど多くのUNIX系OSに対応、BSD互換ライセンスの適用により自由な利用および再配布が可能。

Unboundは、ドメイン名とIPアドレスの相互変換 (名前解決) に用いられるDNS / キャッシュサーバソフトウェア。1980年代からUNIX系OSにおける事実上標準のDNSサーバとして利用されている「BIND (Berkeley Internet Name Domain)」の代替となるべく開発がスタート、IPv4/IPv6デュアルスタックのサポートなど新技術に対応するほか、パフォーマンスを重視した設計が行われている。

セキュリティ面では、DNSシステムのセキュリティ拡張「DNSSEC (DNS Security Extensions)」をサポート。DNSSECは、名前解決を行うとき公開鍵暗号の処理など高い負荷がかかることから、パフォーマンスに優れるUnboundが有利だという。

Unboundのターゲットユーザには、ISPおよび企業が想定されているが、将来的にはDNSアプライアンスやADSLモデムなど組み込み用途での利用も期待されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[おジャ魔女どれみ]歴代ポロン6種類が復刻 ハッピー!ラッキー!
[18:22 7/31] ホビー
横須賀に『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」オープン - 昼はカフェ、夜は居酒屋で提督諸氏をお出迎え
[18:00 7/31] ホビー
[映画「少女」]本田翼&山本美月が女子高生役で新境地 三島有紀子監督に聞く
[17:30 7/31] エンタメ
ヤクザの娘でドSな少女と犬獣人のコメディ「お嬢と七匹の犬」1巻
[17:15 7/31] ホビー
[AAA宇野実彩子]シースルートップス&赤ミニスカで登場 最新写真集で“体鍛えた”
[17:09 7/31] エンタメ