新旧鉄道車両が大集合! - 2011年「JR東海博物館(仮称)」オープンへ

 

JR東海は20日、鉄道に関する博物館「JR東海博物館(仮称)」を建設することを発表した。同社はかねてより、名古屋市金城ふ頭で構想されている「モノづくり文化交流拠点構想」への参画要請があり、これに応じる形として同施設を新設するという。同博物館の着工は2009年度中とし、オープン予定は2011年の春とのこと。

「JR東海博物館(仮称)」外観イメージ

建設地は名古屋市港区の金城ふ頭駅の隣接地で、のべ床面積1万4,100平方メートルの館内に約35両の新幹線・在来線実車を展示するほか、模型やシミュレーター、ジオラマ、シアターなどを設置して子どもたちでも楽しく鉄道技術に触れられるようにするという。次世代リニア車両や歴代の鉄道車両もあわせて展示することで、高速鉄道技術の歴史と進歩を学べる施設にしたいとしている。

「JR東海博物館(仮称)」内観イメージ

同施設の総工事費は約55億円。開業後は有料施設としてJR東海が直営で運営を行うとしている。また、施設の名称についてはオープンの1年前までに決定する予定だ(決定方法など詳細は現在未定)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン

本音ランキング