VMware Fusion 1.1.2がリリース - Boot CampのXP SP3に対応

 

VMwareは23日 (米国時間)、Intel Mac向け仮想化ソフトの最新版「VMware Fusion 1.1.2 (Build 87978)」をリリースした。対応するシステムはMac OS X 10.4.9以降、Intel製プロセッサ搭載のMacintoshシリーズでのみ動作する。アップデータはVMwareのWebサイトのほか、日本における販売代理店アクト・ツー経由で配布される。

今回のリリースでは、キーボードショートカットの挙動を修正。フルスクリーンまたはシングルウインドウ時にショートカットの再割り当てを無効化できなかった問題や、「Mac OSキーボードショートカットを有効にする」を解除できないことがあった問題が解決された。仮想CDドライブを接続したバーチャルマシン (VM) を実ドライブがない状態で使用したときVMが異常終了する、というMacBook Airで多く報告されていた不具合も修正された。

4月29日に正式公開が予定されているWindows XP SP3のサポートも追加。Windows XP SP3がインストールされたBoot Campパーティションを、VMとして利用することが可能になった。

Leopardのバックアップ機能「TimeMachine」にも対応。VMware Fusion 1.1では、Time Machineが抱えていた不具合により、すべてのVMをTime Machineのバックアップ対象から除外していたが、Mac OS X 10.5.2で不具合が解消されたため、今回のバージョンからTime Machineでのバックアップが可能になった。ただし、Mac OS X 10.5.2以降が動作する環境に限定される。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン