MacからWindowsを遠隔操作「RDC for Mac 2.0」のβ3が公開

 

Microsoftは10日 (米国時間)、Mac OS XからWindowsを遠隔操作する「Remote Desktop Connection Client (RDC) for Mac 2.0」のβ第3版を公開した。動作環境はMac OS X 10.4.9以降、Intel Coreプロセッサまたは500MHz以上のPowerPC G4 / G5を搭載したMacintoshコンピュータと、HFS+フォーマットのハードディスクが必要。β1 / 2とは異なり、使用期限は設定されていない。

今回のリリースでは、操作性が改善。Windowsセッションで使うキーにMac OS Xのキーボードショートカットキーを割り当てできるようになり、CommandとSPACEのキーコンビネーションをWindowsの半角/全角キーに割り当てる、といった設定が可能になった。日本語のサポートも強化、メニューやヘルプが日本語化されている。

人気記事

一覧

新着記事

新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン
ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY
[08:30 9/29] 企業IT
Facebookが女性支援イベントで教えた「Facebookページ運用」の問題点
[08:00 9/29] 企業IT
アン・リー監督最新作、来年2月公開! アメリカ社会の"今"を描く
[08:00 9/29] エンタメ