Linuxベースの携帯電話「LiMo Platform Release 1」公開

 

LiMo Foundationは3月31日、Linuxベース携帯電話用プラットフォーム「LiMo Platform Release 1」を公開した。年内には、この仕様に基づき開発された試作品が登場する見込み。

サードパーティー向け開発キットの計画についても明らかにされた。LiMo Foundationでは、2月にLiMo PlatformのAPIセットβ版を公開しているが、2008年第2四半期にはネイティブ、WebKitおよびJava向けのソフトウェア開発キットをリリースする予定という。

LiMo Platformは、仕様がオープンかつハードウェアに依存しない携帯電話プラットフォームを目指し、MotorolaとNEC、NTTドコモ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、サムスンとVodafoneの6社が2007年1月に設立した団体。基礎技術の開発リソースを集中させることで、Linuxベース携帯端末市場の細分化を抑制することも目的とされている。

LiMo Foundationは同日、Texas Instruments (TI) がコアメンバーに加わったことも発表している。半導体メーカーの同団体への参加は初めて。LiMo Foundationのエグゼクティブ・ディレクターを務めるMorgan Gillis氏は、TIの参加について「20年近いの無線システム開発の経験を持つTIの参加により、組込形のモバイルLinuxデバイスの進歩を支える卓越した資産がもたらされる」とコメントしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー