Linuxベースの携帯電話「LiMo Platform Release 1」公開

 

LiMo Foundationは3月31日、Linuxベース携帯電話用プラットフォーム「LiMo Platform Release 1」を公開した。年内には、この仕様に基づき開発された試作品が登場する見込み。

サードパーティー向け開発キットの計画についても明らかにされた。LiMo Foundationでは、2月にLiMo PlatformのAPIセットβ版を公開しているが、2008年第2四半期にはネイティブ、WebKitおよびJava向けのソフトウェア開発キットをリリースする予定という。

LiMo Platformは、仕様がオープンかつハードウェアに依存しない携帯電話プラットフォームを目指し、MotorolaとNEC、NTTドコモ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、サムスンとVodafoneの6社が2007年1月に設立した団体。基礎技術の開発リソースを集中させることで、Linuxベース携帯端末市場の細分化を抑制することも目的とされている。

LiMo Foundationは同日、Texas Instruments (TI) がコアメンバーに加わったことも発表している。半導体メーカーの同団体への参加は初めて。LiMo Foundationのエグゼクティブ・ディレクターを務めるMorgan Gillis氏は、TIの参加について「20年近いの無線システム開発の経験を持つTIの参加により、組込形のモバイルLinuxデバイスの進歩を支える卓越した資産がもたらされる」とコメントしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電