オンキヨーがソーテックを吸収合併へ - ソーテック24年の歴史に幕

オンキヨーは19日、PC製造・販売の子会社ソーテックと、株式交換および合併に関する基本合意書を締結したと発表した。両社の経営資源統合により、オンキヨーのAV技術とソーテックが持つPCの企画・開発力を生かした製品開発が進められる。

合併は2段階に分けて実施され、まずは7月22日に株式交換方式でソーテックを完全子会社化。その後9月1日付けでソーテックはオンキヨーに吸収合併、ソーテックは解散する。なお、株式交換の実施に伴い、大証ヘラクレス上場のソーテック株式は7月15日付けで上場廃止となる。いちど完全子会社化することについて同社は、両社役職員の意識変革や組織・拠点統合により関係を強化、事業承継を円滑に進めるためと説明している。

ソーテックは前身の工人舎を経て1984年に設立。IBM PC互換の液晶ポータブルコンピュータ「PHC-16」がヒット、その後もラップトップ機やノートブック機を中心に業務を展開。1997年に発売したデスクトップ機「PC-STATION」は、価格の低さとユニークなTVCMで注目を集めた。その後PC市場は低迷、韓国に設立した関連会社の不祥事も手伝い業績は悪化。企業再生を主業とするキョウデンの経営参加を経たあと、デジタルホーム市場における地位確立を目指すオンキヨーにより2007年7月に子会社化、同社グループ入りしていた。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事