iPhone SDKベータ版、4日間で10万ダウンロード突破

 

米Appleは現地時間の3月12日、100,000人以上の開発者が「iPhone Software Development Kit (SDK)」ベータ版をダウンロードしたことを明らかにした。

米国時間の3月6日にリリースされたiPhone SDKベータ版には、iPhoneおよびiPod touch用アプリケーションの開発に必要なツールやAPI一式が収録されている。iPhone Developer登録を行った上で、iPhone Developer Programのサイトから入手可能。Worldwide Product Marketing担当のシニアバイスプレジデントのPhilip Schiller氏によると、Apple.comで公開しているiPhone SDK発表イベントのビデオを、これまでに100万人以上が視聴したそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

残業30時間以下で株価上昇している企業ランキング、1位は?
[13:33 7/26] マネー
【連載特別企画】DMM.comのビジネス向けロボット「Palmi」が実現するワークスタイルの未来とは? 第3回 ロボットはスマホのような当たり前の存在に? PwCコンサルティングの取り組みとは
[13:30 7/26] テクノロジー
夫婦のLINE 第125回 アカウント1つのみって非常に困る
[13:30 7/26] ライフスタイル
[ハロー!プロジェクト]名古屋で初の定期公演スタートへ シネコン舞台に独自演出 「ボイメン」と日替わりで
[13:17 7/26] エンタメ
JAXA、無人補給機「こうのとり」6号機の打ち上げを10月1日に決定
[13:02 7/26] テクノロジー