iPhone SDKベータ版、4日間で10万ダウンロード突破

米Appleは現地時間の3月12日、100,000人以上の開発者が「iPhone Software Development Kit (SDK)」ベータ版をダウンロードしたことを明らかにした。

米国時間の3月6日にリリースされたiPhone SDKベータ版には、iPhoneおよびiPod touch用アプリケーションの開発に必要なツールやAPI一式が収録されている。iPhone Developer登録を行った上で、iPhone Developer Programのサイトから入手可能。Worldwide Product Marketing担当のシニアバイスプレジデントのPhilip Schiller氏によると、Apple.comで公開しているiPhone SDK発表イベントのビデオを、これまでに100万人以上が視聴したそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事