「iPhone 2.0」のリリースは6月に決定 - 開発キットβ版の配布も開始

 

Appleは6日 (米国時間)、iPhoneのソフトウェアアップデート「iPhone 2.0」を2008年6月にリリースすると発表、同日β版の「iPhone 2.0 Beta」を開発者と企業顧客向けに公開した。同β版には、iPhone用ソフトウェア開発キット (iPhone SDK) と、Microsoft Exchange ActiveSyncのサポートが含まれる。

iPhone SDK β版には、iPhoneおよびiPod touch用アプリケーションの開発に必要なツールやAPI一式を収録。SDKを利用することにより、iPhone / iPod touchのプログラミングインターフェイスであるCore OS、Core Services、MediaおよびCocoa Touchの機能にアクセス、ネイティブアプリケーションを開発できる。iPhone / iPod touchの動作をMac OS X上で再現する「iPhone Simulator」や、リモートデバッガなどのツールも同梱される。

iPhone SDK β版のダウンロードには、Apple Developer Connection (ADC) のアカウントが必要。ADCのオンラインメンバーは無料で登録でき、iPhone SDK自体も無償で公開される。ただし正式リリース後は有償化され、個人ユーザー向けの標準プログラムが99米ドル/年、企業ユーザー向けのエンタープライズプログラムが299米ドル/年で提供される。

プログラム参加メンバーは、開発したアプリケーションをiPhone 2.0に収録予定の「App Store」で販売できる。iTunes Storeと似た手順でアプリケーションを検索 / 購入できるこのサービスでは、開発者が自由に価格を設定、うち30%はAppleに徴収されるものの、クレジットカードの手数料やホスティング費用を別途支払う必要がない。フリーウェアとして配布する場合には、まったくコストがかからないというメリットがある。

iPhone 2.0は、2008年6月末までにリリースされる。iPod touchについても同等のソフトウェアアップデートが実施されるが、iPhoneとは会計上別製品という理由により、有償アップデータの形で提供される予定。

iPhone SDKβ版がついに公開 (画面は現行バージョンのiPhone)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

加藤浩次、山本との"極楽とんぼ"復活を計画中「ライブの段取りしている」
[19:15 7/30] エンタメ
[鳥人間コンテスト]36チーム参加し琵琶湖で開幕
[19:13 7/30] エンタメ
ロック・リーも登場の舞台「NARUTO」開幕!ビジュアルポイなど新演出も
[19:00 7/30] ホビー
[極楽とんぼ・山本圭壱]10年ぶり地上波登場 古巣めちゃイケに
[18:56 7/30] エンタメ
「おそ松さん」甚平姿で音楽を楽しむ6つ子のグッズ、TSUTAYAにて販売
[18:47 7/30] ホビー