オリンパス、小型デジタル一眼レフカメラ「E-420」を発表

 

オリンパスイメージングは、「E-410」の後継機として、薄く小型のデジタル一眼レフカメラ 「E-420」を2008年4月中旬から発売すると発表した。価格はオープンだが、推定市場価格は6万円前後。レンズキットも発売される。また、E-420の発売に合わせ、薄型のパンケーキ型レンズ「ズイコーデジタル(ZUIKO DIGITAL) 25mm F2.8」も発売される。価格は4万9,875円。

E-420

E-410」は、昨年5月に発売され、小型軽量なボディで人気を博した。ライブビュー機能も好評で、購入者のうち17%近くを女性が占めたという。

新しい「E-420」はE-410の後継機にあたり、ボディサイズは全く同じ。重量のみ5g増加している。E-420で変更された点としては、コントラスト検出式オートフォーカス(AF)の搭載、液晶モニターの大型化、顔検出機能の搭載とそれに伴う階調コントロール機能などがある。

E-410は一眼レフで一般的な位相差式AFを採用しており、ライブビュー撮影でもレリーズ時にミラーが上下動していた。E-420では撮像素子に映った像のコントラストを検出することでピントを合わせるコントラスト検出式AFを採用。コンパクトタイプのデジタルカメラと同じ使い勝手を得られるとしている。ただし、コントラスト検出AFが使えるのは「ED 14-42mm F3.5-5.6」「ED 40-150mm F4.0-5.6」「25mm F2.8」と組み合わせた場合のみで、それ以外のレンズでは従来と同じ位相差式AFとなる。

液晶モニターはE-410では2.5型だったが、E-420では2.7型23万画素のものが搭載された。従来のものより再現色域を広げ、視認性に優れるという。視野角は上下左右176度。

顔検出機能は、顔を中心にしたピント合わせや露出制御を行なう機能。顔と背景の明るさをそれぞれ最適化する「フェイス&バックコントロール」も搭載される。顔以外でもハイライトとシャドー部をバランスよく再現する「SAT (階調オート機能)」が搭載された。

販売は本体のみのほか、「ED 14-42mm F3.5-5.6」を組み合わせた「E-420 レンズキット」(推定市場価格:7万円前後)、さらに「ED 40-150mm F4.0-5.6」を組み合わせた「E-420 ダブルズームキット」(推定市場価格:9万円前後)が用意される。また、E-410用にWebで限定発売され、人気の高かった本革ケースが通常販売される。カラーはブラック、ダークブラウン、ホワイトの3種。ボディ下部に装着する「本革ボディジャケット」(希望小売価格:4,762円)と、レンズを覆う「本革レンズジャケット」(6,953円)を組み合わせて使用する。レンズジャケットはレンズの大きさに合わせ2種類が用意される。そのほか本革のストラップも販売する。

そのほかE-420の仕様は以下のとおり。フォーサーズマウント、4/3型LiveMOSセンサー、有効1000万画素、撮像感度:ISO 100~1600、電子制御フォーカルプレーンシャッター、シャッター速度:1/4000~4秒(バルブ可)、連続撮影:約3.5コマ/秒(RAW:最大8コマ、JPEG:圧縮率・画素数による)、内蔵フラッシュ:ガイドナンバー約12(ISO100・m)、記録メディア:CFカード・xDピクチャーカード、サイズ:129.5(W)×91(H)×53(D)mm、重量:約380g(本体のみ)。

前面。オリンパスはマウントなどにフォーサーズ規格を使用する

背面。ボタン類はE-410とほぼ同じ。モニターがギリギリまで大きくなった

上面。ダイヤルなどのデザインが変更されている

シボの具合など、このクラスとしては高級な作りがされている

オプションの本革ボディジャケット(ダークブラウン)とストラップを装着した状態

本革レンズジャケット(ブラック)とボディジャケット。レンズジャケットにはMとSがある

人気記事

一覧

新着記事

iPhone新モデルが登場する秋到来! - Appleが9月7日イベント開催を正式発表
[06:37 8/30] スマホとデジタル家電
今田耕司「3 年前まで彼女がいた」目標は「東京五輪婚」と東野幸治に宣言
[06:00 8/30] エンタメ
宮根誠司「断ったら遺恨が…」弟子・川田裕美との共演を語る
[06:00 8/30] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子からのお触りに積極的発言「触ってもらえますか?」
[06:00 8/30] エンタメ
澤穂希、東京五輪に向けた今後の展望を語る『1周回って知らない話』初回2時間SP
[06:00 8/30] エンタメ