Objective-CベースのRuby実装「MacRuby」が登場

 

MacRuby開発チームは27日 (米国時間)、Mac OS Xを対象としたObjective-CベースのRuby実装「MacRuby」を公開した。動作環境はMac OS X 10.5.2以降、現時点ではIntelプラットフォームのみサポートされる。バイナリパッケージの配布は開始されていないものの、Mac OS Forgeのリポジトリからダウンロードしたソースコードをビルドすることにより実行可能。

MacRubyは、Rubyインタープリタから、Mac OS X / Objective-C最基層へのアクセスを可能にするRubyの実装。MacRubyでは、すべてのRubyクラスがNSObject (Objective-Cのオブジェクトのルートクラス) から継承され、基本的にObjective-Cの全メソッドをRubyから呼び出すことが可能。具体的には、Cocoaだけでなく、CoreFoundationやAppKit、CoreDataやCoreAudio、QuickTimeといったLeopardで利用可能なフレームワークをRubyインタープリタから利用できる。

開発メンバーのLaurent Sansonetti氏は、Mac OS XにおけるRubyの実装を担当する現役Apple社員で、Mac OS X 10.5 (Leopard) に追加されたRuby / Cocoaブリッジ「RubyCocoa」への関与でも知られている。

Mac OS Xでは、各種スクリプト言語経由でOS標準のAPI「Cocoa」にアクセスする実装系 (ブリッジ) の開発が活発で、最新版のLeopardにもRubyCocoaのほか、Python / Cocoaブリッジの「PyObjC」が標準装備されているが、Objective-C最基層へのアクセスを可能にするMacRubyはアプローチの方法が異なる。なお、かつて同名の旧Mac OS用Ruby実行環境も存在したが、今回公開されたMacRubyとの直接の関係はない。

「MacRuby」でRubyからあのフレームワークが利用可能に

人気記事

一覧

新着記事

ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ
iPhone 7/iPhone 7 Plusの登場に何が期待されるか? - 松村太郎のApple深読み・先読み
[23:05 8/25] スマホとデジタル家電
『魔法つかいプリキュア!』、Blu-ray vol.1の描き下ろしジャケットを公開
[23:02 8/25] ホビー
岡崎京子×ロッキング・オンのロックT登場!「pink」などモチーフにした3種
[22:40 8/25] ホビー
LiSA×JOYSOUND、コラボキャンペーン開始! ワンマンライブチケットが当たる
[22:33 8/25] ホビー