コラボレーションツールの進化形「Google Sites」が登場

Googleのサービスを組み合わせたコラボサイトを構築できる

サイトはHTMLの知識がなくても構築可能

米Googleは28日、グループ間の作業内容共有を可能にするWebサイト「Google Sites」をオープン、同日サービスを開始した。本サービスの開始により、複数のメンバーがGoogleのアカウントを使い、Webサイトへのアクセスから編集作業、その公開までを一貫して作業 / 管理できる強力なコラボレーションツールが登場することになる。

Google Sitesは、2006年に買収した米JotSpotのWikiコラボレーションツールをベースに、Googleが提供する各種サービスとの親和性を向上させたもの。Googleが2006年にサービスを開始した「Google Page Creator」の技術を活用、HTMLの知識なしにそれらサービスを組み合わせたWebサイトを構築できる。具体的には、Google Calendarのスケジュール表や、Google Docsで作成したワープロ文書やスプレッドシート、YouTubeのビデオやPicasaの写真を組み合わせたWebサイトを構築し、グループ間の作業に活用することができる。

Google Sitesは「Google Apps」の一部に位置づけられ、利用にはGoogle Appsのアカウントが必要。各アカウントには10GBのディスク容量が提供され、1つあたり最大10MBのファイルをアップロードできる。有償のGoogle Apps Premierエディションおよび教育機関向けのGoogle Apps Educationエディションでは、アカウントあたり500MBの容量が追加される。なお、Google Appsスタンダードエディションは無償利用できるが、自身のドメインを保有している必要がある。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事