iPhone最新アップデータの1.1.4がリリース、iPhone SDKのサポートは行われず

 

米Appleは2月27日(現地時間)、iPhoneの最新ソフトウェア・アップデータとなる「1.1.4」の配布を開始した。ファイルサイズは162MB。iTunesを通してアップデータのダウンロードとインストールが可能。今回は一部ソフトウェアやBluetoothに関する問題など、バグフィックス中心のマイナーアップデートとなっている。なお、同社が2月リリースを公約していたiPhone SDKについてのサポートは行われていないようだ。

また1.1.4を適用したユーザーらによるインターネット上での報告によれば、携帯電話の信号が強化され、より通信が行いやすくなったという。従来までは信号が弱く、タイミングや場所によっては非常にネットワークにつながりにくい現象が散見されたが、今回のアップデートではそうした問題がある程度解決されたようだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT
Pepperは単なる「集客ツール」から脱却できるのか
[14:14 7/29] 企業IT
中国最大のメモリメーカー誕生へ - 紫光集団がXMCのメモリ製造部門を統合
[14:09 7/29] テクノロジー
ポケモンGO「安心パッケージ」、定額SIMとバッテリー搭載ルーターのセット
[14:07 7/29] スマホとデジタル家電