イー・モバイル、フルキーボード搭載したスマートフォン「S11HT」を発表

 

イー・モバイルは25日、同社が3月28日より提供を開始する音声サービスに対応した、携帯電話の新製品「S11HT」(HTC製)を発表した。3月1日よりイー・モバイル取扱店にて予約受付を開始し、3月28日よりイー・モバイル取扱店、イー・モバイルオンラインストアにて販売を開始する(予約受付分の受渡しも同日より行う)。

S11HT(HTC製)

S11HTは、海外で「HTC TyTN II(タイタン・ツー)」の名称で販売されているスマートフォン。OSにWindows Mobile 6 Professional 日本語版を採用したモデルで、"EM Net Smart Terminal"を略した「EMONSTER(イーモンスター)」の愛称を持つ。EMONSTER は"ポケットから出てくる最強のインターネット/ビジネスツール"をイメージしたネーミングだという。

チルトアップが可能な、2.8インチ(QVGA)のタッチパネルディスプレイを搭載し、スライド式のQWERTYキーボードを採用。手に持って使用する際はスライドさせた状態で、テーブルなどに置いて使用する際は液晶を見やすい角度にチルトさせて操作することができる。また、側面にジョグホイールを搭載し、片手で簡単に画面スクロールを行える。

「Internet Explorer Mobile」、「Excel Mobile」、「PowerPoint Mobile」、「Word Mobile」、「Outlook Mobile」、「Windows Media Player Mobile」「Windows Live Messenger」などのアプリケーションを搭載。PCで作成した「Excel」「Word」などのデータ編集「PowerPoint」「PDF」のデータ閲覧が可能。加えて、現在時刻や不在着信・未読メールなどを1画面で表示し、連絡先、天気情報、ランチャー、サウンドなどの機能にワンタッチでアクセスできる「HTCホーム」を搭載する。

ディスプレイはチルトアップが可能で、好みの角度に調整できる

スライド式のQWERTYキーボードを採用

通信方式はHSDPA/W-CDMAに対応し、下り最大3.6Mbps、上り最大384kbpsでのデータ通信が可能。またSIMロックフリーになっており、他の通信事業者のSIMカードを使用した通信もできる。

そのほか、オートフォーカス・手ぶれ軽減機能を備えた、有効300万画素カメラ、無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth 2.0+EDR、GPS、microSDカードスロット、ミニUSB端子(USB2.0 Full Speed、充電 / イヤホン端子兼用)を搭載する。

サイズ 約59×112×19mm(キーボード収納時、突起部を除く)
質量 約190g(スタイラスペン、電池パック含む)
連続通話時間/連続待受時間 約264分/約350時間
ディスプレイ 2.8インチQVGA(320×240ドット)TFT液晶
カメラ 有効300万画素/CMOS(オートフォーカス・手ぶれ軽減機能)
外部メモリ microSDカード(2GB)
内部メモリ ROM:256MB/RAM:128MB
OS Microsoft Windows Mobile 6 Professional
CPU MSM7200-400MHz

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
ジュエリースナップ 第390回 あらいさん
[12:00 9/28] ライフスタイル
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (11) イベントの扱い方
[12:00 9/28] 企業IT