Office 2008 for Mac最初のアップデートは3月に配布開始

 

MicrosoftのMacintosh Bussiness Unit (Mac BU) は米国時間の21日、同ユニットの公式ブログ「Mac Mojo」で、2008年1月に発売されたオフィススイート「Office 2008 for Mac」のアップデート計画を発表した。配布開始は3月11日を予定、オートアップデート機能とMac BUのダウンロードページ経由で公開される。

Office 2008 for Mac最初のアップデータは、Mac BUのWebサイト (mactopia) およびニュースグループから収集した情報を反映。アップデートの詳細は明かされていないが、発売後に確認された問題点のうち、優先順位の高いものが含まれるという。

一方、バイナリ形式のMS-Office文書をOffice 2008標準形式 (OOXML) 形式に変換する「Open XML File Format Converter Update to Office 2004 for Mac」は、正式公開が延期された。当初はOffice 2008 for Mac発売後の6~8週間後に公開される予定だったが、6月後半にずれ込む見込み。

ブログでは、他のMacintosh関連製品のアップデート計画も明らかにされた。現在β2が配布されているMacからWindowsの遠隔操作を可能にするソフト「Remote Desktop Connection for Mac」は今春、インスタントメッセージングソフト「Messenger for Mac 7.0」は年末に正式リリースされる予定とのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電
浜崎あゆみプロデュースのカラーコンタクトレンズ発売
[11:06 8/25] ヘルスケア