Firefoxのシェア拡大続く! IE7への移行は?

 

オランダのOneStat.comは、世界100カ国のインターネットユーザーのWebブラウザ利用状況を調査した最新レポートの発表を行った。

同レポートによれば、今年2月のInternet Explorer(IE)のシェアは、昨年6月の調査時より2.54ポイント低下した83.27%。ついにインターネットユーザーの6人に1人は、IE以外のブラウザを利用するようになっている。IEのシェアをバージョン別に見ると、IE6が、全ブラウザの53.95%とトップシェアを占めたのに対し、IE7のシェアは、昨年6月の調査時より1.35ポイント上昇しただけの29.06%にとどまったようだ。

一方、Mozilla Firefoxは、昨年6月より1.04ポイントアップし、13.76%までシェアを拡大。Apple Safariも、0.39ポイントアップの2.18%へと、わずかながらシェアを伸ばした。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン