Firefoxのシェア拡大続く! IE7への移行は?

 

オランダのOneStat.comは、世界100カ国のインターネットユーザーのWebブラウザ利用状況を調査した最新レポートの発表を行った。

同レポートによれば、今年2月のInternet Explorer(IE)のシェアは、昨年6月の調査時より2.54ポイント低下した83.27%。ついにインターネットユーザーの6人に1人は、IE以外のブラウザを利用するようになっている。IEのシェアをバージョン別に見ると、IE6が、全ブラウザの53.95%とトップシェアを占めたのに対し、IE7のシェアは、昨年6月の調査時より1.35ポイント上昇しただけの29.06%にとどまったようだ。

一方、Mozilla Firefoxは、昨年6月より1.04ポイントアップし、13.76%までシェアを拡大。Apple Safariも、0.39ポイントアップの2.18%へと、わずかながらシェアを伸ばした。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[小松菜奈]ピンクドレスで大胆“美背中” ファッション誌「MERY」カバーガールに
[20:43 9/28] エンタメ
『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]なぜ第4部を実写化? 続編製作&海外展開の夢も
[20:24 9/28] ホビー
八葉たちが神子のいない世界で思いを歌う「遙かなる時空の中で3」CD発売
[20:09 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー