Firefoxのシェア拡大続く! IE7への移行は?

 

オランダのOneStat.comは、世界100カ国のインターネットユーザーのWebブラウザ利用状況を調査した最新レポートの発表を行った。

同レポートによれば、今年2月のInternet Explorer(IE)のシェアは、昨年6月の調査時より2.54ポイント低下した83.27%。ついにインターネットユーザーの6人に1人は、IE以外のブラウザを利用するようになっている。IEのシェアをバージョン別に見ると、IE6が、全ブラウザの53.95%とトップシェアを占めたのに対し、IE7のシェアは、昨年6月の調査時より1.35ポイント上昇しただけの29.06%にとどまったようだ。

一方、Mozilla Firefoxは、昨年6月より1.04ポイントアップし、13.76%までシェアを拡大。Apple Safariも、0.39ポイントアップの2.18%へと、わずかながらシェアを伸ばした。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー