Googleついに友達を検索するAPIを公開 - Social Graph API

 

Social Graph API - Webから友達関係を検索するAPIの登場

ソーシャルネットワークサービスは友達がある程度いた方がおもしろい。多すぎても煩わしいが、友人登録が一人もいないとかなりつまらない。たとえ、Aというソーシャルネットワークでたくさんの友達を登録していても、新しくBというソーシャルネットワークにトライしたら友達がひとりもいなくてションボリというのは珍しくない。そういった場合のBはとてもつまらないエクスペリエンスを与えることになる。

ソーシャルネットワーク開発者としてはそういった事態はぜひとも避けたい。しかしながら、登録したらまず友達を探しすようにユーザに告知文章を表示するだけが手段ではあるまい。もっと技術的に解決する方法を模索すべきだ。そのひとつが1日(米国時間)に公開された新しいGoogleのサービスSocial Graph APIだ。

Social Graph APIはユーザのソーシャル関係を得るためのAPI。Google検索システムがWeb上の検索データをクロールするように、同APIのベースとなるシステムはWebから情報を収集しユーザアカウントの関係を「友達」「自分」の2つに整理して保持する。APIを使えばJSONデータ構造でソーシャル関係が返ってくるという仕組みだ。ソーシャル関係はWebページに挿入されているXFNやFOAFの指定形式から持ってくる。

同APIを使えば新しいソーシャルネットワークサービスを使う場合でも、Web上の情報、たとえばブログであったり公開されているソーシャルネットワークのプロフィールや友人情報などから友人を探し出し、すでにそのソーシャルネットワークの自分の知り合いがいないかを教える、といった機能が実現できるようになる。言うなればSocial Graph APIはWebを巡回して自動的に知り合いを探してきてくれるAPIということになる。

DataPortabilityなどソーシャルネットワークデータの相互接続性向上を目指した取り組みが進められている。日本でもっとも大きな影響力を持つソーシャルネットワークmixiは今のところ基本的にはクローズドだ。Social Graph APIやDataPortabilityなどの取り組みが進んだ場合、情報が公開されていることがWebサービスとして有利な状況になる可能性がある。その場合、クローズドスタイルのソーシャルネットワークのあり方に影響を与えるかもしれない。

同APIを開発しているのはBrad Fitzpatrick氏。同氏はLiveJournalやMemcached、OpenIDなどの活動で知られている。同氏が公開した説明動画では、Twitterにログインしたが友達がいなくてロンリーだという場合をあげ、Social Graph APIを使ってTwitterにいる友人を探し出してハッピーという例を紹介している。

Social Graph APIの基本アイディアを説明するBrad Fitzpatrick氏

Social Graph APIの基本動作を説明。関係は「友人」「自分」の2つの関係に分類される

ロンリーなTwitterだが、Social Graph APIで友達を見つけてハッピーになれたという例の紹介



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中古バイクを格安レストア 第7回 タイヤを新品に交換する
[09:00 9/25] ホビー
500円で特製ローストビーフ食べ放題!? 肉バル「カンビーフ」へ急げ!
[09:00 9/25] 趣味
どうしてiPhone 7では強制再起動の手順が変更されたの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[09:00 9/25] スマホとデジタル家電
三井不動産、台湾中部にアウトレットの開発を決定 - オープン予定は2018年
[09:00 9/25] 趣味
餃子女子必見! 定番から最新餃子まで食べ比べできる「餃子フェス」開催
[09:00 9/25] 趣味

求人情報