京福電鉄、源氏物語千年紀記念「紫のゆかりちゃん号」運行

 

京福電気鉄道は、源氏物語千年紀記念の特別ラッピング電車「紫のゆかりちゃん号」を運行している。

源氏物語千年紀記念の特別ラッピング電車「紫のゆかりちゃん号」

京都府・京都市など多数の自治体・団体から構成される「源氏物語千年紀委員会」によると、源氏物語の存在が記録上確認されてから2008年でちょうど1000年を迎えることから、各種記念事業や協賛行事が計画されているという。京福電鉄ではこの機運を盛り上げようと、同委員会の認定した公式ロゴマークをヘッドに付けた列車を運行させることにした。

源氏物語屏風絵が掲出された車内

特別ラッピング列車の愛称「紫のゆかりちゃん号」は「紫のゆかり、ふたたび」と記された公式ロゴにちなんで名付けられた。車体側面には源氏物語屏風絵がラッピングされ、カラーリングも屏風絵に合わせて変更。車内には中吊りと側面に源氏物語の屏風絵を掲出するなど、まさに源氏物語一色。乗車しただけで古都の王朝の雰囲気が漂ってくるようだ。「紫のゆかりちゃん号」は嵐電の四条大宮~嵐山間を12月中旬頃まで毎日往復する予定。運行時刻についてはこちらに掲載されている。

日本画家・岡田泰麿作による源氏物語千年紀「プレミアム記念乗車券」

なお京福電鉄では源氏物語屏風絵の中から6枚をプリントした数量限定の「源氏物語千年紀プレミアム記念乗車券」の発売も16日から開始した。スタンドにもなるケースつきで飾って楽しむこともできる。嵐電1日フリーきっぷ1枚(500円相当)と嵐電乗車券5枚(各200円相当)の6枚セットで1,500円。販売は嵐電主要駅の駅窓口で行うほか、通信販売も受け付けている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン

本音ランキング