Java Mozilla Html Parser登場、ブラウザと同じクオリティを実現

21日(米国時間)、Java Mozilla Html Parserの最新版となるJava Mozilla Html Parser 0.2.0が公開された。Java Mozilla Html ParserはHTMLデータをパースしてJavaドキュメントオブジェクトに変換するためのパッケージ。Mozillaで採用されているHTML Parserに対するラッパパッケージになっており、Webブラウザと同じクオリティレベルでのパースが可能という特徴がある。

0.2.0はパフォーマンスの改善が実施されているほか、エンコーディング関連のバグが修正されている。Java Mozilla Html ParserはもともとDapperにおける開発の一部として取り組まれたもの。ラッパライブラリでありすべてJavaで開発されたわけではないのでビルドやデプロイは若干手間だが、WindowsやLinux、Mac OS Xなど多くのプラットフォームで動作する。Webブラウザと同じクオリティでパースできるというのがもっとも魅力的なところだ。強力なHTMLパースが必要な場合はJava Mozilla Html Parserを試してみるといいだろう。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事